ロケーションナビゲーション
  1. Home
  2. 農園紹介

農園紹介

『世界一おいしい!』を目指して

千葉県から長野県飯綱町へIターンして新規就農しました。ゼロからの出発ですが、この恵まれた気候の中で世界一美味しい作物を作るため、日々頑張っています。私が農業を志すうえでのコンセプトは、「私が作った作物を食べてくれた人が笑顔になってくれたらいいな」です。一人でも多くの人を笑顔にしたい――それが私のやりがいです。

Farm Grand Gift
代表 浦辺政史

信州・飯綱町は果物栽培に適した土地です

信州(長野県)北部に位置するここ飯綱町は、全国でも有数の果物の産地として知られています。
標高約550mの丘陵地で、昼夜の寒暖差が大きく、年間平均降水量1,000mm以下で比較的雨量が少なくて日当たり良好と、果物が美味しく育つ気候条件が揃っています。

「安全・安心」へのこだわり〔特別栽培農産物〕

「特別栽培農産物」とは、その農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培された農産物のことです。
当農園では「安全・安心」をモットーに、農薬や化学肥料を削減した特別栽培を実践しており、県の定める認定制度を取得しています。また、作物を栽培するうえで最も大切な土作りにもこだわり、有機質の肥料やキノコを栽培した後の使用済み培地、完熟牛糞堆肥を使用し、除草剤は使用せず刈った草は土に還元しています。

【エコファーマー認定】

エコファーマーとは、堆肥等を使った土作りと化学肥料・化学合成農薬の使用量を低減させる取り組みを一体的に行う計画を立て、その計画が県知事に認められた農業者のことです。当農園では、桃・林檎ともに「堆肥等有機質資材施用技術」「有機質肥料施用技術」「機械除草技術」「フェロモン剤利用技術」の導入で認定されました。(2013年12月取得)

環境にやさしい農業を行っています:エコファーマー
長野県知事認定
長野-3860

【信州の環境にやさしい農産物認証】

地域の一般的な栽培方法と比較して、化学肥料及び化学合成農薬を50%以上(一部30%以上)削減した方法で生産された農産物を認証する制度です。「エコファーマー認定」と似ていますが、それよりも厳しい基準となっています。当農園では、桃・林檎ともに区分50(地域慣行施肥量及び地区農薬使用回数の50%以上削減)で認証されました。(2014年3月取得)

信州の環境にやさしい農産物
50
品目:りんご 長野県認証 No.50-00387
品目:もも  長野県認証 No.50-00388
農薬の使用回数、化学肥料の使用量を50%以上削減して栽培しました。

「美味しさ」へのこだわり〔無袋栽培・樹熟収穫〕

当農園ではすべての果実に袋がけをしない無袋栽培を行い、果実の糖度を上げています。
また、桃もりんごも樹で熟したものを収穫し、果実本来の美味しさを追求しています。